Time is money

いつもお関わりお繋がりご支援のほど、ありがとうございます。

『つくる人をつくる。』

『涙と汗のガテン系!』ウサミグループの宇佐見です。

みなさんは毎日の時間の使い方をどう捉えていますか?

みなさんは毎日の大事な時間をどう活用していますか?

『時間がない!』『忙しいからやりたくてもやれない』

本当にそうでしょうか?

貴方の能力と効率化は最大限でしょうか?

ひょっとしたら、自分自身の心がそんな言い訳を先に考えて出来ない理由をあてはめていませんか?

私も昔は【時間貧乏】になっていました。今でも時折、言い訳の悪魔が心の中に潜んでくることも、しばしばあります。

人は時間を平等に頂いています。

でも、人によっては同じ時間だと思えない行動の方もいます。

あの人は仕事がテキパキ出来るという人をイメージしてください。

そのお方は、時間がないから出来ないと言い訳をしていませんよね。新しい仕事が来たらチャレンジするのではないでしょうか?『毎日残業が続くから自分の好きなことが出来ない。』と愚痴をこぼしたり絶対にしないはずですよね。

そうなんです。人は時間の使い方を明確に実践できる人だけが驚くほどの成長を遂げます。【時間リッチ】です。

例えば、毎日の仕事の時間を8時間と考えるのか480分と考えるのかでは同じ時間だとしても変化してきたりします。たまにもっとすごい人は28800秒も意識する。私はそこまでは辿り着きませんが…。

要するに時間密度を高めた人が時間リッチになり、豊かな時間を過ごし人として成長していくと私は思っています。

毎日のルーティンワークでも『もっと効率を高めるためにはどうしたら良いのか』いろんな角度から行動しながら考えている人は、私がお伝えしなくても理解しているはずです。

そして、量をこなすと質が高まってきます。

毎日の平等に与えられた時間。その時間の使い方によって人は人間力が大きく変わってきます。

あの人はすごい!という人は新しいことにも果敢にチャレンジし時間を足し算で捉えています。決して引き算で考えないと思います。

気づいていてもやらなかった人。未だに愚痴を繰り返す人。自分をみせないために人へバッシングする人。

もうやめにしませんか?楽して出来るようになることは絶対にありません。

改めて、時間はすべての人々に平等にあります。使い方は貴方次第です。時間に使われるか時間を使うのか 

時間リッチの人だけが心に余白が出来ています。

余白をどのようにデザインするか

改めて時間と空間と仲間の三つの『間』から余白をみつけてみたいものです。

みなさんにとって素晴らしすぎる1日を…٩(^‿^)۶

前の記事

強み×必要性+らしさ

次の記事

目的の成文化