人間ドック

いつもお関わりお繋がりご支援のほど、誠にありがとうございます。
『つくる人をつくる。』
『涙と汗のガテン系!』ウサミグループの宇佐見です。

わたくしごとですが、今朝から凄く腹を空かしています(笑)
なぜなら、本日人間ドックの日です。
しかも恥ずかしながら、5年ぶりに受診します。わたくし、今年の7月で50歳になります。半世紀に渡り生きてきました。まだまだ、ひよっこですが人生100年とイメージした時に、ようやく折り返し地点になります。

みなさん!人間ドックって名称の意味を知っていますか?

人間ドックとは、予防医学の観点から、自覚症状の有無に関係なく定期的に病院や診療所に赴き、身体各部位の精密検査を受けて、普段気がつきにくい疾患や臓器の異常や健康度などをチェックする健康診断の一種です。ドックとは、英語で船を修理、点検するための設備のことだそうで、要するに、未来に向かって体調のチェックをしよう!悪いところは真摯に受け止めて改善しよう!という意味合いだと思います。

会社に例えると、会社も毎月毎週毎日の身体検査が必要です。
財務会計、キャッシュフロー、管理会計、人事計画、各事業部予算や計画の確認と改善PDCAサイクル。新規事業考案など様々な健康チェックが必要です。会社も日々健康チェックをしないと、どこで血管が詰まっているのかなど、突然襲ってくるではかなり危険です。検診して事前に防ぐが必須です。人の身体もそう。まだまだ体力には自信がある。わたしは大丈夫。
そんな感覚だけでは、ダメですよね。※わたくし今まで感覚でやってきました 汗

何がよくて何がダメなのかを自覚した上で、事前に見直す。そして明るい未来を描く。わたくし個人も会社も、まだまだ発展途上。身体が資本とも言われますので、まだまだ長い人生を誠心誠意『お役立ち精神』を貫けるように確認してきます^ ^

みなさんにとって素晴らし過ぎる1日を…٩(^‿^)۶

前の記事

災害