天変地異とお役立ち精神

いつもお関わりお繋がりご支援のほど、ありがとうございます。
『つくる人をつくる。』
『涙と汗のガテン系!』ウサミグループの宇佐見です。

暑いですね。いや〜本当に暑い。
梅雨が明けて、真夏の気温にまっしぐらですね。先日、カナダのバンクーバーでも気温が例年の倍以上で普段使用しないクーラーがバカ売れで、即完売になったとか、悲しい事に命を奪われた方もいたと報道で流れていましたね。本当に切ない現象がこの世の中に起きていて、今後天変地異も含めて、環境をものすごいスピードで変化し続けるでしょう。それにとある金融機関では、希望早期退職者を募っていたり、大企業も中小企業も傾きが出てきています。
しかし、ウサミグループとしては経営理念『つくる人をつくる。』の三つの目的の最後

【関わるすべての人々と共に育ち 地域社会に必要とされる会社を 目指します。】と掲げさせて頂いています。

関わる人々とは、社内はもちろんのことお客様、取引先などの人を中心に考えた時、やはり『誰かのために何かをする。』お役立ち精神を主として、人が人と共に成長する企業。そこにはウサミだからこそある行動や考え方。ウサミにしか出来ない『人』を中心にした捉え方を実践して、地域の雇用も守り続け、地域の雇用を促進し続ける。そこから様々な地域に必要とされ続ける会社を目指すことが、経営理念『つくる人をつくる。』の三つの目的の最後に刻み込まれています。

人は自然災害に対して、止めることは残念ながら出来ません。
しかし、人は強くなれます。
楽しい時は誰といても楽しいですが、人は辛い時、悲しい時に側にいてくれる力を貸してくれる人と向き合っていてほしいです。お客様のお困りごとや悩みに対して解決できることがベストな状態ですが、どんなことでもどんな時でも相談に対して全力で取り組む。それがウサミグループの強みであり、本当の意味で地域社会に必要とされる企業になって行くのだと思っています。やがて、地域(ローカル)日本(ナショナル)世界(グローバル)を見据えて、変化循環適応業として様々な問題を解決出来るチームになっていきます。

少しずつ少しずつ高みを目指して…。

みなさんにとって素晴らしすぎる1日を…٩(^‿^)۶

前の記事

気迫

次の記事

私が思うこと