鉄紺の襷

こんにちは。

不動産事業部の福生です。

1月も中旬となり、正月の雰囲気は全く無くなりましたが、正月を振り返ります。

私は毎年必ず箱根駅伝を見ます。テレビも、CM以外はずっと見ています。現地にも毎年見に行っていましたが、今年と昨年は大会運営からの呼びかけ「応援したいから応援にいかない」を守り、テレビで見ました。

かれこれ約20年、毎年見ています。(現地観戦に行かなかったのは。今年と昨年のみ)

今年はフレッシュグリーンの襷、青山学院大学が優勝しました。確か、3区?あたりからずっと一位をキープしていました。大会記録も塗り替えました。

4連覇の後、東海大学が優勝したり、青山が優勝したり、駒澤が優勝したりで、青山学院の勢力が弱まるかなと思いましたが、また黄金時代を作るのではと感じました。

私が大学駅伝を見始めたのは、20年くらい前ですので、青学は新鋭という印象です。その頃は、駒澤、順天堂が強かったです(俗にいう紫紺対決)。

なので、昨年の駒澤優勝、今年の順天堂の復活は良かったです。

鉄紺の襷、東洋大学は「4位」でした。

東洋大学は「常に3位」以内を目指す大学で、ギリギリ4位というのは、私としても残念でした。

また、柏原選手がいた時から、「一秒を削り出す」ということをモットーにしています。

こと、私としては営業マンですので「一円を削り出す」為に働きます。今年も頑張ります。

それでは、仕事します。

前の記事

地鎮祭^ ^

次の記事

推し事