使用済みのスプレー缶の正しい捨て方?

皆さんこんにちは。管理本部の沖田です。

突然ですが、使用済みのスプレー缶ってどうやって捨てていますか?
私は、今まで限界までガスを使い切った後に、100均などで売っている穴あけ道具を使って数か所に穴を空けて捨てていました。
それが常識であり、当然のマナーだと信じていました。

しかし、先日起こった東京の六本木のマンション火災がテレビで報道されていた時に、実はスプレー缶を捨てるときは、穴をあけない方が良いと知り今までの常識が覆る衝撃が走りました。

スプレー缶の穴あけ道具は、簡単に買うことができるメジャーな道具だと思っていたので捨てるときは穴をあけるのが当たり前だと思っていましたが、そうではなかったようです。環境庁によれば、「穴あけはしない方向が望ましい」と呼び掛けており、HPでもしっかりと説明されているようです。

そういえば、2018年にもスプレー缶の穴あけ作業中の事故が札幌で起きていました。調べると小さいのも含めると結構起きているようです。

現状は自治体によっても処理の仕方が違うようなので、自分が住んでいる自治体は?と思い、処理の仕方を確認してみたのですが、ガス抜きは「ガス抜きキャップを使いましょう」とは書かれていましたが、「穴をあける」とはどこにも書いていませんでした。

自分が当たり前だと思っている常識もしっかりと調べないと間違っていることが多いことに改めて気が付きました。

前の記事

Resilience【復元力】

次の記事

自発性、自主性