鉄筋

いつもお関わりお繋がりご支援のほど、ありがとうございます。
『つくる人をつくる。』『涙と汗のガテン系!』ウサミグループの宇佐見です

弊社の柱の事業として鉄筋事業があります。
鉄筋とはいったい何?というお方が多くいると思います。
昔のアニメで子供が歩道を歩いていたらビル建設中のクレーンの荷物がワイヤーから傾き下に落下!『危ない!』それに気づいた主人公が間一髪で助ける。みたいなアニメでお馴染みの…。それは鉄筋ではなく鉄骨です。わたしも知り合いに良く鉄骨と鉄筋を間違えられたことがあります。
鉄骨も鉄筋もそうですが、人間の身体でいうと肉はコンクリート皮はコンクリートの枠をつくる大工さん
そして、人の骨の部分が鉄筋になります。
人もそうですけど建物もこの鉄筋が入ってないと過去の震災でもそうでしたが、もっとたくさんの建物が倒壊し、たくさんの人が不幸に見舞われたと思います。

鉄筋工事はコンクリートに隠れてしまいますが見えないところで人々の暮らしを支え、建物に安全や安心を提供することで豊かな生活を守っている。
そんな社会に役だっている事業です。しかも、鉄筋の取り付けは非常に難しくt(トン)の数量を扱い、㎜㍉の精度が要求される。そんな難しいお仕事になります。
だからこそ、人が人と真っ直ぐに向き合い、そこで住む人働く人たちにサービスを提供する。そんなお役立ち精神が必要だと思ってます。
鉄筋に関しては、またお話しさせて頂きますので本日はここまで…。

※SDGsで描くと第11章住み続けられるまちづくりを第12章つくる責任つかう責任。まだまだあてはまるはずですが、ウサミグループSDGs宣言を持ってより目標を明確にしていきます。

それでは、本日も皆さまにとって素晴らしすぎる1日を…٩(^‿^)۶

前の記事

手紙

次の記事

感謝の気持ち