Windows11

皆さんこんにちは、情報システム課の沖田です。
突然ですが、新しいWindowsの発表がありました。新しい機能の情報なども少しずつ公開されて作業効率も期待できると個人的に楽しみです。

新しい機能も大切ですが、既存のWindowsでの機能でももっと知ることで効率が上がることはたくさんあります。
例えば、皆さんよく使うコピー&貼り付けの作業をショートカットキーで「Ctrlキー+C」でコピー、「Ctrlキー+V」で貼り付けを行うことができます。一般的なパソコン雑誌で見られる基本技などでよく紹介されています。

このコピーの後の貼り付け作業の応用技として、「Windowsボタン+V」はご存じでしょうか?コピーしたデータは、パソコン上のクリップボードと呼ばれる領域に保存されます。「Windowsボタン+V」は、クリップボード上のデータを呼び出すことができるショートカットです。

例えば、コピー&貼り付けを複数回行う場合、「Ctrlキー+C」「Ctrlキー+V」では、「コピー=>貼り付け」「コピー=>貼り付け」「コピー=>貼り付け」のように操作を繰り返す必要があります。しかし、「Windowsボタン+V」を使用すると、「コピー」「コピー」「コピー」を行ってから、「貼り付け」「貼り付け」「貼り付け」のように操作をまとめることができます。

新しいWindowsを使いこなすためにも、今のWindowsの使い方も見直してみてはいかがでしょうか?ちょっとしてことですが、慣れると作業効率が格段に向上します。
ものすごく便利だけどなぜかあまり使われていない「Windowsボタン」。ぜひ一度使ってみてください。

前の記事

今日も今日とて

次の記事

魅了する